Cannondale インデックスに戻る
サイクルサイエンス

ビックリさせます

中川 満 店長

まだ少ないが最近は女性が1人で、複数人で、ぶらりと入店してくる。そんな人に喜んでいただけるかわいい用品の品ぞろえを怠らない

「ちょっとだけ、ビックリさせるんです」

中川店長、いたずらっ子のように目を輝かせた。

サイクルサイエンスは、ロードバイク主体のショップ。近くに大きなショッピングモールがあり、主要道に面している立地柄、通りすがりにのぞいてくれるお客さまもいる。

健康のためにとクロスバイクを買いにくる人。ビギナーや、最近は女性もふらりと来店。

接客を大事にしている。軽く声かけをしてのレスポンスに応じ、さらに話しかける。そんなとき、クイックレリーズを操作してホイールを外してみせてみせたり、お客さまに実際にロードバイクを持ち上げさせる。軽い! これだけで、スポーツバイク初体験のお客さまはビックリ。

店長は元選手。1997年にアコム・ラバネロの選手として世界選手権の日本代表に選ばれることを目論んで挑んだU23全日本選手権ロードレース。入賞は果たしたものの、セレクションからは漏れた。17歳から23歳の青春をロードレースに捧げたが、潮時だと感じて、引退を決めた。悔いはなかった。

「あそこまで夢中になれたロードバイクの楽しさ・喜びを、違う立場で伝えていきたい」

地元の徳島に戻り、10年ほどの修行をして2008年、サイクルサイエンスを開店。

現在は、ひと月に1回は水曜定例ランを開催。ほかにも月に1〜2回は、お客さんのプライベートランに参加。

「ゆっくりサイクリングする喜びを、お客さまから気づかされた」

店長人生は、お客さまとのコミュニケーションに捧げられている。

ストアの特徴
愛車はSUPERSIX EVOのDi2仕様。「ロードバイクはタイヤ交換をしたり、ステムを少し上げるだけで、印象がガラリと変化する。これって、化学の実験みたい!」
2階のテックルームで。ここは納車前点検や、フィッティングをするスペースとして使われる。1階にはより広いテックルームがある
2階の奥にキャノンデール完成車を展示。ソファーが置かれた談話スペースがあり、豊かな陽光が差し込んでいた
駐車スペースが8台分ある。2階建ての店舗面積は44坪。厳選されたロードバイク、クロスバイク、用品類を展示
アクセス情報

サイクルサイエンス
徳島県板野郡藍住町徳命字元村156-1

【電話番号】: 088-677-6275
【営業時間】: 11:00~20:00
【定休日】: 水曜
【WEB】: http://www.cyclescience.jp