Cannondale インデックスに戻る
グローブ港北

「乗れた!」その喜びをわかちあいたい

渡辺 勇大 店長

店舗は近隣に日産スタジアムや、競泳用50mプールなどのスポーツ施設があり、鶴見川サイクリングロードへのアクセスもいい立地だ

「お客さまの自己実現がかなうように、じっくり向き合うおもてなしの心」を、渡辺店長代理はいつも大事にしている。

最近はトライアスロンにはまり、SUPERSIXで毎日通勤。休日には水泳とランニングをする根っからのスポーツマン。

学生時代、近所のダートジャンプトレイルをよく走った。そこで知り合えた先輩がダウンヒルレースに誘ってくれた。レースに熱中の末、2000年に新潟・新井市で開催されたUCIワールドカップに出場。初めて自分を表現できる世界を見つけ、そのままプロになった。

結局2011年までサラリーマンをしながらレースに関わる。グローブ港北店オープンと同時に入社し、しばらくして店長代理になった。

「0.1秒を争う競技の特性上、用品選びには随分こだわり、使いこなす能力も磨かれました。バイクは正直で、走らせた瞬間に違いが分かります」と、さすが元プロライダー。

乗り手のスキルを考慮し、フレームの特性を生かすように一人ひとりにフィッティングを施す。「たくさん走ってきたからこそ分かる黄金律を、たくさんの人に提供したい。お客さまの笑顔が私の仕事の通信簿」と奥ゆかしい。

「ライディングスキルもしっかり教えたい。やがてジャンプやウイリーを決める瞬間の喜びを、お客さんにも共感していただければ…」と店長、駐車場で見本を演じてくれた。これ、キャノンデールプロサイクリングのペーター・サガン選手もよくやるよね!!

ストアの特徴
シナプスに25Cのタイヤを入れようかというとき、店長はすっとスケールに手を伸ばした。店長には理系の思考回路と走りへの熱情が同居
消耗パーツやメインテナンスのケミカル類はじつに豊富なし品揃え。奥の壁面にはオブジェとしてチェーンホイールの製図が飾られている
ゆったりしたスペース。奥のカウンターにはイベント告知ボード、カタログなどがある。ウエア類のフィッテイングルームも完備
駐車場スペースは5台分+α。グローブ港北のトライアストンチームはここで、トランジッションの練習をしたりする
アクセス情報

グローブ港北
神奈川県横浜市港北区高田東1-41-19

【電話番号】: 045-716-9328
【営業時間】: 11:00~20:00
【定休日】: 水曜日、第1・3木曜日(祝祭日は営業)
【WEB】: http://grovekouhoku.com