Cannondale インデックスに戻る
スペースゼロポイント

ビューティーアスリート!

岩切 玲 店長

ウエア選びはお任せ!店長はモード学園卒業の経歴もある。「冬物のコーディネートは、ご予算に応じてお選びします」

「いつも全力で走りたい!」

岩切店長はカラダを躍動させたい衝動に捕われた。前職は自動車整備士、趣味はモーターサイクルのツーリングやサーキット走行。あるとき、バスに追突された。4カ月の入院。とう骨神経マヒで左腕が1㎜も動かず、リハビリに励むなかで、人生観が変わった。

カラダが自由にならない反動だったか…。退院後、ロードバイクを購入して走り始めた。

「グワーッと走って、パッと解散」

そういうチームを探して、たどりついたのが千葉・松戸のスペース。

「ヘトヘトになるまで走りたいんです」

岩切店長は現UCIプロコンチネンタルチームのcannondale championsystem.の佐藤成彦監督に涙目で訴え、朝練1時間半の個人練習に付き合ってもらい、実業団チームのspacebikes.comに加入を許され、2010年まで女子選手としてロードレースを走った。今でも月間2000kmの練習は欠かさない。

「本店の松戸店は佐藤監督がやり、つくばのSPACE ZERO POINTは私ひとりで営業を任されています。高校生から60歳代のオジサンやオバサンまで、これからサイクリングを始めたいお客様には対面販売なので、私が最後までお世話してあげたい」

自転車選びから組み付け、どこへ走りに行くか、もちろん基本的スキルも。午前中は、ビギナーのお客さまとマンツーマンで走ることが多い。営業は午後からだが、早朝から常に全力疾走で駆けまわる日々。

目標は、「10年後も健康な、ビューティーアスリートであり続けることです!」

爽やかな笑顔の店長、白い歯が光っている。

ストアの特徴
2007年に開店したとき、栗林と森のなかで、タヌキもいっぱいいた。今では開発が進み、客足が多くなったが、タヌキは消えたそうだ
工具にはつい凝ってしまう。スナップオンが大好き。18坪の店舗最奥にテックスペースがあり、整備しながら接客できるデザイン
店長の目が届くように店には縦方向に棚が3列ある。これは中央の棚で、替えチューブやバーテープ、サプリメントなどの消耗品が並ぶ
目利き店長の最近のおススメは、マヴィックのCC40だ。「ちょうどいいリムハイトなので横風も平気。ストップ&ゴーの多いときは最高」
アクセス情報

スペースゼロポイント
茨城県つくば市要137-3-103

【電話番号】: 029-869-8501
【営業時間】: 13:00〜19:00
【定休日】: 水・木曜
【WEB】: http://spacebikes.com